【バレない】家族や親族に内緒で秘密に過払い金請求をする方法まとめ

【バレない】家族や親族に内緒で秘密に過払い金請求をする方法まとめ

支払い過ぎた利息のことを過払い金と呼びますが、過払い金請求をすれば払い過ぎた利息を取り返すことができ、その分を元金の返済に回せるので早く完済できることが期待できます。

手続きはお金を借りている本人が行うことができますが、できることなら誰にも知られずに手続きを進めたい、家族にも内緒にしたいと考える人も少なくありません。

ここでは、家族に発覚する例や家族に知られずに過払い金請求を行う方法について書いていきます。

もくじ(メニュー)

今すぐ無料相談する!

個人で過払い金請求を行うと家族にバレやすくなる

借金問題を早期に解決するためには家族への相談も考えていきたいところですが、家族に内緒でお金を借りているという人も少なくありません。

借金の返済が難しくなる原因のひとつには金利の高さもあげられます。

キャッシングやカードローンも今では低金利のサービスも増えていますが、かつてはグレーゾーン金利と呼ばれる高額な金利があり、返済を難しくしていました。

払い過ぎた利息は過払い金請求をすることで取り戻すことができます。

この手続きは専門家に依頼しなくても個人でも行うことができますが、業者との連絡のやり取りや郵送物などで家族にバレやすい傾向にあります。

過払い金請求の際は取引履歴や和解書などの書類のやり取りも必要となりますし、時には裁判に発展し裁判所からの書類が自宅に届くこともあります。

本人が確実に受け取ることができれば家族に知られずに手続きできる可能性もありますが、他の家族が受け取ってしまった場合は隠し通すことは難しくなってしまいます。

専門家に依頼せずに手続きができると費用野負担は少なくなりますが、バレるリスクも高いと言えますので慎重に進めていく必要があります。

個人で過払い金請求する時に内緒にするための工夫

家族に内緒で過払い金請求を行うのであれば、貸金業者から届いた書類などは他の家族の目につかないよう、きちんと保管しておくことが大事です。

郵便物を他の家族が受け取ることを避けるのであれば、私書箱を活用する、郵便局留で送ってもらうなどの対策も考えてみましょう。

電話でのやり取りの場合も、家庭の固定電話を使うと家族に気づかれやすくなりますので、携帯電話を扱うなどの対策は行いたいところです。

そして、携帯電話も無防備に目立つところに置いていると通信履歴で発覚する可能性もあるのでこちらも注意が必要です。

過払い金請求をしていることが家族にバレる理由のひとつには手続きに時間が掛かるということもあげられます。

個人でも請求は可能ですが、法律の知識がない、相手方との交渉が苦手な人の場合は過払い金請求に多くの時間が掛かり、不審な動きをしていることで家族に発覚してしまう可能性もあります。

誰にも気づかれずに過払い金を取り戻すためにはスピーディーに作業を進めていくことも大事です。

現在、まだ返済中の人は、支払いが遅れると自宅に連絡が来る可能性もありますので、返済をきちんと行うことも心掛けましょう。

弁護士や司法書士の専門家に依頼することで内緒に手続きできます

賃金業者からの郵送物を専門家が受け取ってくれる

家族への発覚を避けたいのであれば、過払い金請求は弁護士や司法書士に依頼することも考えてみましょう。

専門家に依頼すると多くの費用が発生するというイメージもありますが、良心的な価格で対応してくれる法律事務所も少なくありません。

そして、借金についての相談は無料で行ってくれることも多くなっています。

まずは気軽に相談してみましょう。

法律事務所も得意分野はそれぞれ違いがありますので、過払い金や借金問題に強いところを選ぶことが大切です。

相談は対面だけではなく、メールや電話にも対応しています。

専門家に依頼するメリットとしては、まず自宅に郵送物が届かなくなることがあげられます。

家族への発覚は貸金業者からの郵送物ということも多くなっていますが、弁護士や司法書士に依頼すると、郵送物は専門家が受け取ってくれますので自宅に届くことはなくなります。

個人で手続きを行う場合は、郵送物の送付は自宅の住所となり、同居家族がいる場合は他の人が受け取る可能性も高いと言えます。

送り主が金融業者であれば不信感を持たれることにもつながり開封される恐れもあります。

その点、専門家に依頼すれば書類の送付先は専門家の事務所宛になりますので家族に見られる心配はなくなり、内緒で手続きが進められるようになります。

直接連絡が来なくなる

過払い金請求を個人で行うと、やはり本人に連絡が来ますので、貸金業者からの電話などで家族に知られる可能性は高いと言えます。

それゆえ、電話を取る時も慎重になりたいところですが、本人が不在の際に金融業者から電話があり、それを他の家族が応対してしまうか可能性もあります。

過払い金請求を成功させるためには、業者との連絡は欠かすことができませんが、いくら内緒にしているつもりでも特定の相手と頻繁にやり取りをしていればいつ家族に気づかれてもおかしくありません。

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼した場合は、お金を借りている本人ではなく、貸金業者も担当する弁護士や司法書士に直接連絡をしますので、債務者本人への連絡は来なくなります。

過払い金請求は借金を完済したあとに行う人も多くなっていますが、現在返済中で、未払いや延滞などがある場合は自宅にも電話や封書で請求がくる可能性もあります。

その点、プロに依頼した場合は請求をストップさせることもできますし、督促の連絡も専門家を通して行われることになりますので、本人に直接連絡が来ることはなくなります。

交渉も全ておこなってくれる

郵便物を自宅に届かないようにするなど家族にバレないための様々な工夫をすれば、個人でも内緒で過払い金請求ができる可能性もありますが、過払い金が発生していても正しい手続きをしなくては返還は行われません。

まず、過払い金が発生しているかを調べるためには取引履歴を調べる必要があります。

履歴を確認して過払い金があっても、業者から自動で返還されるわけではなく、取り戻すためには相手方との交渉も必要です。

家族に内緒で手続きをしている場合でも、交渉が苦手、法律が良くわからないとなると、手続きには時間が掛かりますし、一部の過払い金しか取り戻せない場合もあります。

そして、個人で交渉しようとしても、必ずしも相手方が応じてくれるとは限りません。

過払い金請求を専門家に依頼するメリットとしては、家族に内緒で請求できることはもちろん、難しい交渉や手続きも全て行ってくれることがあげられます。

弁護士や司法書士は金融トラブルについての詳しい知識も持っていますので、より交渉もスムーズとなり、早期の解決が期待できます。

すでに完済している人は時効もありますので、手続きは早めに進めていきましょう。

司法書士や弁護士に依頼をして、家族にバレないで手続きを進めるためのポイント

司法書士や弁護士に依頼することで家族にバレずに手続きを進めることができます。

ただし、依頼したからといって100%内緒にできるわけではありません。

専門家に依頼した場合でも、家族に過払い金請求の手続きをしていることがバレてしまったケースは多くあります。

そのため、確実に内緒にするためにはバレないように配慮をしてくれる事務所に依頼することが重要です。

基本はメールで連絡してもらうようにする

司法書士や弁護士に依頼したにも関わらず、家族に過払い金請求の手続きがバレてしまう主な原因は、連絡方法にあります。

基本的に過払い金請求に必要な手続きは法書士や弁護士が代わりに行なってくれますが、依頼者と連絡を取らずに全てを進めることができるわけではありません。

手続きに必要な情報や返還額の確認、進捗の確認など、頻繁ではないものの依頼者に連絡を取る必要があります。

この時、特に内緒にしたい事を伝えていなければ電話でやりとりすることが一般的ですが、電話の履歴で家族にバレてしまうことがあります。

連絡先を自宅の電話ではなく個人の携帯電話にしていた場合でも、タイミング悪く家族のいる前で電話がかかってきて、不審に思われてバレてしまうこともあります。

このように、家族に内緒にするために専門家に依頼したのにも関わらず、電話での連絡時に知られてしまう可能性があります。

ですから、依頼をする際にやりとりはメールで全て行えるか確認してみてください。

メールであれば怪しまれずに、好きなタイミングで連絡を取り合うことが出来ますので、家族に内緒にしながら過払い金請求の手続きを円滑に進めることができます。

電話が可能時間を伝える

もし、メールでなく電話で連絡を取り合う場合は、電話ができる時間を指定するようにしましょう。

家にいる時間や休日は避け、怪しまれずに1人で電話ができる時間帯を事前に伝えておくだけで、家族にバレる可能性はぐっと低くなります。

メールでのやり取りが面倒だと感じる方は、依頼時に電話ができる時間を伝えて、その時間に掛けてもらうようにお願いしましょう。

郵便物は事務所名でなく個人名で送ってもらうようにする

司法書士や弁護士に依頼することで、裁判所や貸金業者からの郵便物を自宅ではなく事務所宛にすることができます。

ただ、事務所に行くのが大変、緊急で資料が必要な場合など、事務所に届いた郵便物を自宅へ送らなければいけないケースも考えられます。

その際、差出人名が事務所だと家族に不審に思われてしまう可能性が高いです。

やむおえず自宅に郵便物を送ってもらう時は事務所名ではなく、司法書士や弁護士の先生、もしくはスタッフの個人名で送ってもらえるように頼んでおきましょう。

和解で解決する

過払い金を取り戻す方法は裁判を起こして回収するパターンと、裁判をせずに和解で回収するパターンの2つがあります。

どちらもメリット・デメリットがあるのですが、家族に内緒にするのであれば裁判をせずに和解で過払い金を取り戻す方が無難でしょう。

裁判を起こす場合、裁判を起こすための準備をしなければいけなかったり、裁判所に届け出を行う必要があったり、和解で解決する時よりもバレる要素が増えてしまいます。

家族に内緒にしながら裁判を起こして過払い金を回収することも出来るのですが、確実性でいえば和解で解決する方が安全です。

ですので、和解で取り戻すことができる過払い金額に不満がなければ、和解での解決をお願いするのが良いでしょう。

新規口座を作る

過払い金請求を依頼した場合の過払い金返還の流れは、業者から一度法律事務所の口座に過払い金が振り込まれ、その後に法律事務所から依頼者の口座に振り込まれるパターンが一般的です。

依頼費用を過払い金から差し引くことが多いことや、トラブルが起きないための対策として、この流れを多くの法律事務所が採用しています。

口座振込であればどの口座でも対応してくれるため、家族に内緒にするのであれば過払い金用の口座を新規で作成すると良いです。

家族共用の口座や家族も見る可能性のある口座に振り込んでしまうと、振込人の名前や金額で不審に思われてしまう可能性があります。

過払い金の返還は過払い金請求の最後の手続きですので、ここでバレてしまったら今までの努力が無駄にもなってしまいます。

ですから、最後の最後でバレてしまわないためにも、確実性を取って新規で口座を作成して、そこに振り込んでもらうようにしましょう。

今であれば簡単に開設することができるネット銀行もありますので、そこまで手間をかけずに行うことができます。

過払い金の返金が完了したら、必要なければ口座を解約することも可能です。

現金受け取りができるか確認をする

原則、過払い金の返還は口座振込になりますが、事務所によっては現金で直接渡してくれるところもあります。

口座振込の場合は家族にバレてしまう可能性がありますので、過払い金を手渡しで渡して貰えるのであればこちらの方法をお願いしましょう。

ただし、現金で直接渡す方法は法律事務所にとって一手間かかったり、紛失などのリスクを負うことになったりするため、全ての事務所で対応してくれるわけではありません。

どうしても過払い金を現金で受け取りをしたい人は、相談時に手渡しで受け取ることができるか確認するようにしましょう。

大手法律事務所や全国に多くの店舗を展開している法律事務所では、返還のルールが決まっているところが多く、現金で直接支払ってくれるところは少ない傾向にあります。

現金で手渡しで支払ってくれる事務所を探すのであれば、個人でやっている法律事務所や小規模の法律事務所にまずあたってみるのがよいでしょう。

返済中の過払い金請求は家族に影響がでる可能性があるので注意

過払い請求は、返済が終わっていないと出来ないわけではありません。

返済中であっても、過払い金は発生します。

過払い請求することで、借金を減らせたり、場合によっては過払い金が多く発生し、完済出来たなんて場合もあります。

しかし、そういったメリットだけでなく、デメリットもあり、生活に支障が出て家族に与えてしまう事もあります。

返済が終わってから過払い金請求を行った場合や、過払い金が返済額を上回り完済出来る場合は、それほどのデメリットがないといえます。

しいて言うならば、過払い金請求を行った貸金業者のカードや、同じ貸金業者で別ブランドのカードが使えなくなってしまう事、解約した後、再発行する際に審査が通りにくくなる可能性があげられます。

しかし、過払い請求を行った貸金業者以外であれば、新しいカードも作れ、借入も出来るので、家族に影響を与えることはないでしょう。

しかし、返済中に過払い金請求をした時、過払い金で完済出来なかった時は、日常生活にデメリットが発生してしまい、家族に影響を与えてしまい、内緒に出来なかったということになってしまいます。

ブラックリストに名前があがってしまい、どこの貸金業者であっても、新たなカードを作ったり、借入をすることが出来なくなってしまう場合があります。

また、この期間中は、住宅ローンや、車のローンなどを組むことが出来なくなってしまったり、分割で物を購入することも出来ません。

こういったことが、家族に影響を与えてしまうといえます。

過払い金で完済できなければブラックリストに載ってしまう(異動情報が登録される)

ブラックリストに名前があがってしまうと家族にも内緒に出来なくなってしまう場合があるとお話ししました。

ブラックリストという言葉を聞くと、とても悪いイメージを持っている人が多く、ブラックリストに載ってしまうことに抵抗がある人は多いと思います。

ブラックリストとはどういうものか、また過払い金請求との関係などについてお話しします。

日本にはCIC、JICC、KSCと言われる個人の貸金情報を管理する機関が3つあります。

これらの機関に、自己破産や滞納をした時などの、マイナス面が記載されることをブラックリストと呼んでいます。決してリストが存在するわけではないのです。

そして、銀行、消費者金融、信販会社などがそれぞれ加盟することにより、3つの機関は成り立っています。

加盟業者に情報を開示し共有する仕組みになっている為、融資の申し込みがあると、審査を行う時に他の会社の情報も見られるようになっているので、マイナスな情報の記載があればカードが作れなかったり、ローンを組むことが出来なかったりするのです。

ブラックリストの仕組みをお話ししましたが、なぜ過払い金請求するとブラックリストにのるのか疑問に思った人もいるのではないでしょうか。

過払い金請求をしたからといって必ずブラックリストに上がる訳ではないことを頭に入れておいて下さい。

過払い金請求を債務整理として行った時や、返済中に過払い金請求をして、完済出来なかった場合はマイナス面として、ブラックリストにのってしまうので注意しておく必要があります。

電気や携帯電話など日々の引き落としをクレジットカードにしている場合は注意

最近はクレジットカードが普及し、ポイントがつくなどのお得感もあり、クレジットカードを使って公共料金や携帯電話の支払いなどを行なっている人は多いのではないでしょうか。

過払い金請求をする際、クレジットカードによる引き落としを行なっている場合は注意が必要です。

過払い金請求をして、万が一ブラックリストに名前があがってしまうと、カードは使えなくなってしまいます。

家族に内緒にしている場合などは、引き落としが出来なくなったことを疑問に思うでしょう。

その際、借金があり過払い金請求をしたということが知られてしまう可能性があります。

また、クレジットカードの引き落としが出来なくなってしまった事に気づくのが遅く、支払いを滞納してしまったなんて事になると、またマイナスの情報が増えてしまいます。

過払い金請求をしたから絶対に引き落としが出来なくなるという訳ではありません。

過払い金請求をする際の状況により変わってはきますが、クレジットカードが使えなくなる場合があるということは知っておくと良いでしょう。

その際、家族カードなどを作っている場合、そのカードも使えなくなるので注意しておいて下さい。

新規でクレジットカードを作る際の審査に影響が出る

家族が新規でクレジットカードを作る時がある場合、過払い金請求をしたことがバレてしまう可能性がありますので注意が必要です。

クレジットカードを新規で作成する際、カード会社は申し込んだ人に支払い能力があるか個人信用機関を利用して審査を行います。

この時に、申し込んだ人の家族の情報を参考にするケースがあります。

もし、家族が申し込みを行ったクレジットカード会社あてに過払い金請求を行なっていたとしたら、そのことが理由で家族のクレジットカードの新規作成を拒まれてしまうことが考えられます。

基本的には過払い金請求を行っても家族のクレジットカードに影響が出ることはありません。

ただし、新規でクレジットカードを作成する場合は、過払い金請求の影響が出てしまう可能性がありますので、家族がクレジットカードを新規作成しようとしているか事前に確認するようにしましょう。

また、その諸々の問題が起こる可能性があるか専門家に相談して、事前に対策できることがないか確認することも重要です。

この場合でも家族に内緒にできる?

司法書士や弁護士に依頼することで、家族にバレずに過払い金請求を行うことはできます。

しかし、100%保証できるものではなく、対策を怠ったりしてしまうとバレてしまう可能性が出てきてしまいます。

そのため、疑問に思うことは事前に解消しておくことがとても大切です。

裁判を行った時もバレないのか

上記で少し触れましたが、過払い金請求は裁判を起こして過払い金を回収する方法もあります。

この時、裁判所に届け出を行う必要があり、届け出を提出することで家族に知られてしまう可能性があるのではと思う人も多いようです。

結論、家族に内緒にしながら裁判を起こして過払い金を回収することは可能です。

裁判所に届け出をすることによって、家族に裁判記録を調べられて過払い金請求を突き止められてしまう可能性はありますが、ここまでやる人はほとんどいません。

ですので、裁判を起こしても基本的には家族にバレることはありません。

ただし、裁判を起こす場合は訴訟を起こすための費用や準備が別途で必要になり、この一連の流れでバレてしまうこともあります。

専門家とスムーズにやり取り出来ていればそこまで心配する必要はありませんが、連携が上手く取れていない場合はうっかり綻びが生じてしまうこともありますので注意するようにしましょう。

過払い金を取り戻したら税金の申告をする必要があるのか

過払い金を取り戻した場合、確定申告をする必要があるのか気になる方もおおいようですが、過払い金請求で回収したお金に対して税金は発生しません。

過払い金は本来支払う必要のないお金ですので、収入としてカウントされません。

ですので、基本的には確定申告をする必要はありません。

しかし、裁判を起こして利息をつけて過払い金を取り戻した場合は金額によって確定申告が必要になります。

過払い金の利息に関しては過払い金ではなく雑所得の一部と見なされるため、20万円以上の利息がある場合は確定申告をする必要があります。

確定申告をしたからといって家族にバレてしまうわけではありませんが、申請の準備や年末調整などで間接的に知られてしまう可能性が考えられます。

そのため、家族に内緒にしながら、裁判を起こして過払い金請求をする場合は、慎重に手続きを行いつつ、専門家に事前相談して対策をうつようにしましょう。

家族から事務所あてに連絡がいった場合の対応はどうなるか

依頼者の家族から法律事務所に連絡きた場合、ほとんどの法律事務所で回答を控えるでしょう。

基本的に過払い金請求の契約時に秘密保持契約も結びますので、家族であっても依頼者についての問い合わせには回答しません。

まとめ

借金をしてきたことや過払い金のことを家族や親族など、誰にも知られたくないけれど、過払い金があるなら取り戻したいというケースは良くあります。

身近な人だからこそ、言えないし内緒にしておきたいと思う悩みなのでしょう。

内緒で手続きを進めたいけど、大丈夫なのか不安に思うかも知れませんが、過払い金請求の手続きを代行してくれる法律事務所にお願いすればちゃんと手続きをしてくれます。

やはり個人で請求すると、郵便物が届くことでバレてしまったということがあります。

専門家にお願いすれば、業者との全てのやりとりを行なってくれるので、家族に内緒にしておくことができるでしょう。

無料で相談にのってくれる所などもあるので、何らかの理由があり、周りに知らたくない場合は、専門家にお願いすることが1番といえるでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  •                            

    借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に8ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

過払い金の基礎知識