知らないと確実に損する!過払い金請求のメリット・メリット

知らないと確実に損する!過払い金請求のメリット・メリット

テレビやラジオを通じてよく流れている「過払い金」についてのCMは多くの人が見聞きしています。

CMによって「過払い金には期限がある」ということだけは、頭に残っている人も少なくないでしょう。

ただ、CMで流れている過払い金の情報よりも、詳しい知識を持っている人は専門家でない限り、なかなかいません。

今回は、過払い金の意味や条件を詳しく解説するとともに、過払い金請求を行うことにおけるメリットとデメリットを記載していきます。

もくじ(メニュー)

今すぐ無料相談する!

過払い金とは

消費者金融やクレジットカード会社へ借入したお金を返済する際に、利息制限法の上限を超えた利息を支払っている可能性があります。

この上限を超えた利息が「過払い金」です。

過払い金はカードローンやキャッシングなどでも発生する場合があります。

過払い金が発生する理由は、グレーゾーン金利が原因です。

2010年6月18日以前に借入をしていた場合、金利は出資法の上限では29.2%となっていました。

ですが、この日を境に法改正され、上限金利が15~20%にまで引き下げられます。

グレーゾーン金利である29.2%の利息を継続して支払っていた場合、現在の上限金利である15~20%の金利分を差し引いた額が過払い金として返ってくる可能性があるのです。

よって、2010年6月18日以前にキャッシングやカードローンをした人が、過払い金の対象者となります。

過払金請求ができる理由

グレーゾーン金利の存在を知らなければ、払わなくてもよい利息が上乗せされた金額で毎月返済することになります。

では、返済中は納得して支払っていた余計な利息を、なぜ取り戻せるのでしょうか。

その理由は、過払い金は消費者金融やクレジットカード会社の「不当利得」だからです。

不当利得とは、正当な理由なしに他人の財産または労務によって財産的利益を受け、これによって他人に損失を及ぼすこと(民法703条)をいいます。

現在の利息制限法では、10万円未満の借入で20%、10万円~100万円未満の借入で18%、100万円以上の借入で15%が利息の上限です。

この利率を超えた利息を債務者が払い続けている場合、消費者金融やクレジットカード会社は正当な理由なしに財産的利益を受けていることになります。

よって、債務者は消費者金融やクレジットカード会社に対し、不当利得である過払い金を請求することができるのです。

過払い金請求のデメリットにはどんなものがあるのか

過払い金請求のデメリット 過払金請求した賃金業者から借入ができなくなる

まず、最初のデメリットとしては、過払金請求した賃金業者で借入れをすることができなくなる点です。

ほとんどの賃金業者は、過払い金請求を行った顧客のデータを独自に保存しています。

自社にとって不利益な顧客をわざわざ改めて迎えようとする賃金業者は、ほとんど存在しません。

ただ、賃金業者は日本には複数存在しています。

過払い金請求を行った賃金業者の顧客データが出回らない限り、違う賃金業者から新たな借入を行うことは可能です。

よって、そこまで大きなデメリットというわけではないです。

また、極まれに過払い金請求を行った賃金業者であっても、新たな借入を行ってくれる業者もあるようです。

過払い金請求に対し、スムーズに対応してくれるような賃金業者ならば、あなたにとって思い入れがあるかもしれないので、問い合わせしてみましょう。

過払い金請求のデメリット 返済中の過払金請求は信用情報に異動情報が登録される(ブラックリストに載る)可能性がある

「返済中」の過払い金請求には、ブラックリストに載ってしまうデメリットが存在します。

ブラックリストとは、JICCなどの信用情報機関が行う返済能力に関する情報のことを指します。

ブラックリストに載ってしまうと、これまで使用できていたクレジットカードが使えなくなったり、高額なローンが組めなかったりと、生活に支障が出てしまいます。

この「返済中」の過払い金請求で注意しなければならないのが、過払い金請求によって完済できるかどうかです。

もし、返済中に過払い金を請求したものの、過払い金が少なく債務が残った場合「債務整理(コード32)」という情報が信用情報機関に登録されてしまいます。

また、司法書士によっては、返済中の過払い金請求により完済した場合であっても、一時的に「債務整理(コード32)」が登録されるケースがあるようです。

過払い金請求のデメリット クレジットカードを新規発行できなくなる可能性がある

クレジットカードの新規発行ができない可能性が高いのは、3つの条件のうちどれかに当てはまった場合です。

1つめは、過払い金請求をした会社のクレジットカードの新規発行です。

こちらは、賃金業者と同様に過払い金請求を行った顧客のデータは半永久的に保存されています。

自社に不利益をもたらす顧客を新たに迎えるクレジットカード会社は、ほぼ存在しないでしょう。

ただ、他にもクレジットカードを発行してくれる会社はたくさんあるので、そこまで大きなデメリットではありません。

2つ目は、返済中の過払い金請求した金額が少なく債務が残った場合です。

先にも述べた通り、このケースは「債務整理(コード32)」としてブラックリストに載ってしまいます。

この情報は信用情報機関に5年間登録されてしまうため、その期間はクレジットカードが作れません。

3つめは、返済中の過払い金請求により完済した場合です。

こちらのケースも一時的に「債務整理(コード32)」としてブラックリストに載ってしまう可能性があるので、その期間はクレジットカードが作れません。

ただ、こちらのケースは過払いであることが認められるとブラックリストから削除されるので、さほど長い期間ではないです。

過払い金請求のデメリット ローンを組めなくなる可能性がある

ローンが組めなくなる可能性をデメリットに感じて、過払い金請求をしない人もいます。

ブラックリストに載ってしまうと、新たに住宅ローンや自動車ローンなどの高額なローンは組めなくなる可能性が非常に高いです。

よって、ブラックリストに載ってしまう「返済中の過払い金請求を行っても債務が残った場合」には、ローンを組むことはできません。

そもそも返済すべき債務が残っているので、ローンの審査は通りにくい状態です。

5年が経過すれば、ブラックリストから削除されるので、その後ならローンの審査が通りやすくなります。

ただし、ローンを組む際には、ブラックリストのような「信用情報」以外にも、ローンを申し込んだ人の年収や家族構成などの「属性」も加味して審査されます。

よって、過払い金請求を行ったからといって、一概にローンが組めないというわけではありません。

過払金請求をすることでどんなメリットが得られるのか

過払い金請求のメリット 過払い金が戻ってくる

最大のメリットは、支払いすぎた利息が返ってくるところです。

例えば、グレーゾーン金利である29.2%で100万円を借入れて、10年間で完済したとします。

この場合の過払い金返還請求によって取り戻せる目安は、だいたい112万円くらいです。

同じグレーゾーン金利で、100万円を借入れて20年間で完済した場合は約224万円で、200万円を借入れて10年間で完済した場合も224万円の過払い金請求ができます。

あくまで目安ではありますが、借入した金額と完済するまでの年数が長いほど、過払い金請求によって取り戻せる金額は高額です。

それだけ、余計な利息を払い続けていたことになります。

過払い金の目安をもっとも簡単に確認する方法としては、インターネット上にある過払い金を計算できるサイトがおすすめです。

過払い金請求に対するモチベーションも上がりますので、試してみてはいかがでしょう。

過払い金請求のメリット 借金が完済できる可能性がある

返済中であっても、過払い金を請求することは可能です。

返済中の過払い金請求のメリットは「借金が完済できる可能性がある」ところにあります。

過払い金の額が、残っている借金の元金よりも上回っている場合、取り戻した利息により借金を相殺することができます。

しかも、手元にある程度のお金が手に入る可能性もあるので、返済中であっても過払い金請求を検討することをおすすめします。

そのためには、過払い金の有無を確認することが必要です。

過払い金の有無を調べるには、貸金業者と債務者との取引履歴を取得する必要があります。

貸金業者へ開示請求することで取引履歴を取得することが可能です。

取引履歴を元に過払い金を計算していくのですが、正確な金額を把握したい場合は、過払い金請求に詳しい法律事務所に相談する事をおすすめします。

もし、過払い金の額が思っていた金額よりも低く、債務が残ってしまうと、ブラックリストに載ってしまうからです。

過払い金請求のメリット 完済している場合は信用情報に異動情報が登録されずに手続きができる(ブラックリストに載らない)

「完済している場合」の過払い金請求の大きなメリットは、ブラックリストに載らないところです。

少し前までは、完済している場合であっても過払い請求をすると「契約見直し(コード71)」という情報が信用情報に登録されていました。

そのため、新しくローンを組んだり、クレジットカードの新規発行が難しくなる場合があったのです。

ただ「契約見直し(コード71)」の登録は、2010年4月19日に廃止されています。

そもそも信用情報は支払い能力に関する情報のことです。

完済できているのですから、支払い能力があるということになります。

また、完済している場合は、債務整理にも該当しません。

そのため、完済している場合の過払い金請求では、ブラックリストに載らないのです。

もし、ブラックリストに載ることを恐れて、完済しているのにも関わらず、過払い金請求をしていないのであれば、早急に対応することをおすすめします。

自分で過払金請求をするデメリットとメリット

自分で過払い金請求をするデメリット

過払い金請求を自分で行う場合のデメリットは、3つあります。

1つ目は、書類作成が複雑で面倒な点です。

まずは、貸金業者に対し取引履歴の開示を請求し、それを元に利息制限法に基づいた引き直し計算書を作成します。

さらには、過払い金返還請求書、業者との契約書、過去取引についての利用明細・領収書などを準備する必要があります。

計算書や他の書類に不備が見つかってしまうと、過払い金請求ができなくなる可能性もありますので、非常に厄介といえます。

2つ目は、訴訟になった際の対応も複雑で面倒である点です。

貸金業者と裁判で争うケースは少なくありません。

その場合に不備の許されない複雑な書類を裁判所に提出しなければなりません。

また、わざわざ裁判所へ出向かなければならないので、時間と労力がかかってしまいます。

3つ目は、過払い金の額が減ってしまう可能性がある点です。

貸金業者は、たいてい低額の和解金を提示してきます。

それに応じてしまうと、もらえるはずの高額な過払い金を手に入れることができません。

言葉巧みに和解を申し出る貸金業者に対し、過払い金を請求することはなかなか難しいです。

自分で過払い金請求をするメリット

自分で過払い金請求をする1番のメリットは「費用を安く抑えることができる」点です。

司法書士や弁護士に依頼することで、相談料、着手金、報奨金などがかかるところもあります。

また、過払い金が戻ってきた場合も、成功報酬や借金が減った分の報酬として減額報酬などがかかる場合もあります。

CMや広告などで、相談料、着手金が無料のところもありますが、法律事務所によって異なるので確認しましょう。

成功報酬の相場は、返還された過払い金の20%くらいで、減額報酬については借金が減った分の10~15%くらいとなっています。

自分で過払い金請求を行えるのであれば、こういった費用をかけずに過払い金請求ができます。

過払い金請求に必要な書類や、訴訟を起こされた際の裁判所に提出する書類の作成に自信があるのであれば、やってみてもいいかもしれません。

弁護士や司法書士で過払金請求をするデメリットとメリット

弁護士や司法書士で過払い金請求をするデメリット

弁護士や司法書士で過払い金請求をするデメリットですが、自分で過払い金請求をするときよりも費用がかかってしまう点です。

また、弁護士や司法書士に任せてしまえばスムーズに過払い金請求ができますが、どの取引によって過払い金の額が決まるのかわかりにくくなってしまいます。

専門家なのですから、こちらが考えている以上の過払い金を請求している可能性もありますが、実際に借入したのは依頼者です。

過払い金がふさわしい額であるのか疑問に感じる場合があるかもしれません。

他には、専門的な知識を得る機会を失ってしまう点です。

もし、自分で過払い金を行う場合、さまざまな過払い金に関する知識をインプットし、書類作成や貸金業者との交渉でその情報をアウトプットできます。

弁護士や司法書士に任せてしまえば、そういった知識を高めて実践する機会が失われます。

弁護士や司法書士で過払い金請求をするメリット

弁護士や司法書士で過払い金請求をする最大のメリットは、取り戻せる過払い金が多くなる点です。

過払い金請求に強い弁護士や司法書士は、インターネット上で見つけにくい情報などを持っています。

依頼者と話していくうちに、借入した本人が気づかない情報などを引き出すこともあります。

貸金業者の不当な和解交渉の手口なども熟知しており、安心して交渉を優位に進めることもできるでしょう。

また、弁護士や司法書士の報酬の多くは、成功報酬です。

過払い金の額が上がれば上がるほど、その報酬は大きくなるため、少しでも多く過払い金を請求してくれます。

まさに、WIN-WINの関係といえるでしょう。

しかも、過払い金に関する複雑な書類や、訴訟に必要な不備の許されない書類も準備してもらえます。

また、自分で過払い金請求を行う際は、貸金業者がわざと長引かせたりする場合もありますが、専門家に任せることで短期間で過払い金請求を行うことができます。

準備が楽で、短期間で解決し、なおかつ返ってくる過払い金が多いのは、長年悩んでいた人にとっては魅力的な内容です。

まとめ

今回は過払い金の意味から、過払い金を行うことでどういったメリットやデメリットがあるのかを記載してきました。

法律の改正に伴い、過払い金が発生する条件や、ブラックリストに載らない条件などは、日々変化しています。

そのため、インターネット上に掲載されている内容が、最新の情報であるかを見極める能力も必要です。

ひとりで悩んでいれば「過払い金請求をすると損をしてしまう」といった目を引いてしまう記事に感化される可能性もあります。

それによって、得をするのはいったい誰なのでしょうか。

借金によって、過払い金が発生している事実がある以上、不当な利益を取り戻すのは当然の権利です。

もし、借金の経験があり、過払い金があるのか確認したいのであれば、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に7ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。借金がどれくらい減額されるのかを無料診断。過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.5
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

           

過払い金の基礎知識