クレジットカードは作れなくなる!?過払い金請求のクレジットカードへの影響

クレジットカードは作れなくなる!?過払い金請求のクレジットカードへの影響

メディアなどでも話題になっている過払い金請求。

この制度は、過去に支払った利息分が返還されるというものであり、利用することで還付金が戻ってきます。

ただし、この請求をすることによってクレジットカードが使えなくなるというトラブルも発生しています。

なぜそのような事態になってしまうのか、今回は過払い金請求による影響とデメリットにクローズアップして解説していきましょう。

これから請求してみようと考えている人は是非参考にしてください。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

過払い金請求をするとクレジットカードが使えなくなると思い込んでいる人も多いようですが、実はそんなことはありません。

クレジットカードが作れなくなってしまう人は、過払い金請求をした段階で借金が残っている場合の人だけなのです。

そもそも、過払い金請求というのは過去に支払った利息分を返還してもらう制度であり、すでに借金を完済している場合には利益しかありません。

ですが、現状としてまだ借金を返済中の場合は、債務整理扱いになってしまいますので、通称ブラックリストと呼ばれるものに登録されます。

これによって、クレジットカードが作れなくなるという現状が起きてしまうのです。

基本的に、すでに借金を完済している場合はクレジットカードが作れなくなるなんていう事態に陥ることはありませんので安心してください。

過払い金請求を行う際には、まず借金が完済しているかどうかをチェックすることと、もし借金が残っていたとしても過払い金請求で帳尻が合うかどうかを確認することが大切です。

ただし、過払い金請求したクレジット会社からは作れない可能性が高い

過払い金請求をしたとしても、クレジットカードが作れなくなるわけではないと上記で説明しましたが、実は過払い金請求をしたクレジット会社に対してはクレジットカードを作れなくなるという可能性がとても高いと言われています。

当たり前ですが、債務者が債権者に対して利息の返還を要求するものですから、クレジット会社としては面白くありません。

そのクレジット会社内の信用情報に事故の記録として残される可能性があるでしょう。

その為、一度過払い金請求をした人に対してはクレジットカードの使用が制限されるというデメリットがありえます。

過払い金請求をした後は、他のクレジット会社での契約を行うなり対策が必要となりますので、その点をしっかり理解しておきましょう。

過払い金請求というのはクレジット会社にとってデメリットしかありませんので、使えなくなるのも仕方のないことと割り切ることが大切です。

個人信用情報に異動情報が掲載される(ブラックリストに載る)場合は作れない可能性が高い

上記でも触れましたが、過払い金請求によってクレジットカードが作れなくなるという影響が出る場合もあります。

過払い金請求は払い過ぎた利息分を返還してもらう制度であり、借金が全て無くなるというものではありません。

現状としてまだ借金がある場合、過払い金請求を行った後にすべての借金が帳消しできる場合は問題ありませんが、過払い金請求を行った後も借金が残ってしまう場合は債務整理扱いとなり、信用情報機関にその事実が登録されてしまいます。

通称ブラックリストに登録してしまうと、他のクレジット会社なり消費者金融などからの借入は一切できなくなる可能性がとても高いと言わざるを得ません。

すでに借金を完済している場合は問題ありませんが、もし少しでも残る可能性があるのであれば慎重に行わなくてはいけないのです。

自分自身で現状を把握できない場合は、弁護士に相談しアドバイスしてもらうことが大切です。

クレジットカード会社は作成の審査時に個人信用情報を照会する

クレジット会社だけではありませんが、お金を融資してくれる場所はすべて信用情報機関にて申込者のクレジットヒストリーを確認します。

過去に借金の延滞があったり、債務整理している場合などは信用がないと判断され審査自体を通過することができません。

信用がない人物にお金を貸すというのはクレジット会社にとってリスクしかありませんので当然のことです。

もし、過去に債務整理をしているなどの事実がある場合は、クレジットカードを作ることができないという可能性が極めて高いのです。

債務整理と聞くと自己破産や任意整理などのイメージが強いのですが、実は過払い金請求もこれに含まれます。

借金が残った状態での過払い金請求は債務整理をしたという扱いになり、ブラックリスト入りしてしまいます。

ブラックリスト入りすると様々な制限を受けることが想定されますので、このことを理解しておくことが大切です。

返済できない可能性があるので異動情報がある人にクレジットカードを発行しない

クレジット会社の審査で一番重要なのが、返済できる能力があるかという点です。

今安定した収入があったとしても、過去のクレジットヒストリーで何らかの問題がある場合は、クレジット会社としては融資するに値しない人物として認定されてしまうでしょう。

信用情報というのは、クレジット会社と申込者を繋ぐ為に必要不可欠な要素であり、この情報を無視することはできません。

すでに他のクレジット会社から借入をしている場合なども同様で、返済する目処が立たなそうな人物にクレジットカードを発行することはできないのです。

さらに、利用したいクレジット会社に対して過払い金請求を行ったという履歴は自社が保有する信用情報にしっかり記載されている為、審査に通過することはできません。

信用情報機関の信用情報だけではなく、クレジット会社各社でも独自の信用情報というものを把握していますので、抜け穴というものは存在しないと言わざるを得ません。

過払い金請求時に異動情報が掲載されてしまう(ブラックリストに載る)ケースがある

過払い金請求を行う際の最大のデメリットが、債務整理扱いになってしまう可能性があるということです。

過払い金請求は通常払い過ぎた利息分を返還してもらう制度です。

請求する際に、そのクレジット会社に対して取引履歴を取り寄せ、引き直し計算をすることになるのですが、この段階で今ある借金を完済できるものであるかを確認する必要があります。

この段階で過払い金請求を取りやめればブラックリスト入りすることはありませんが、その事実を分かった上で申請してしまうと、債務整理扱いとなりブラックリスト入りしてしまいます。

この情報は、クレジット会社のみならず、他の消費者金融などでも把握する自体になりますので、お金を貸してもらいたい、クレジットカードを作りたいという時に影響してしまう可能性がとても高いと言わざるを得ないのです。

その為、過払い金請求をする前に、その可能性がないかをくまなくチェックする必要がありますが、素人では難しい部分もありますので、弁護士などに相談することが大切です。

過払い金請求をした後にクレジットカードを作るためのポイント

過払い金請求した会社や合併会社、グループ会社からはクレジットカードを作成できなくなる

過払い金請求をすれば払いすぎていた利息が戻ってきたり、過払い金を借入金の返済に充当できたりとたくさんのメリットがありますが、過払い金請求をした会社や合併会社・グループ会社では新たにクレジットカードを作成できなくなるというデメリットもあります。

過払い金請求をすると利用していた業者のカードは使用できなくなるため、再度同じ業者で取引をしようとするのであれば、新たにクレジットカードを作成したり、お金を借りる手続きをしなければなりません。

しかし、一度過払い金請求をした会社では追加で借入をすることはできません。

これを社内ブラックに登録されると呼ぶことがあります。

例えば、過去にクレジットカード会社のキャッシングを利用した際、延滞などを繰り返した場合、また、そのクレジットカード会社に対して過払い金請求をした場合などに、そのクレジットカード会社内の社内ブラックに登録される恐れがあります。

一度社内ブラックに登録されると、その会社では半永続的にクレジットカードを作ることができませんが、こちらは一般的なブラックリストとは異なるので、他のクレジットカード会社には影響がなく、別の会社でクレジットカードを作成することは可能です。

新たにローンを組んではいけないなどの制約もありません。

過払い金請求の最大のメリットである、払いすぎた利息が戻ってくる、という点を天秤にかけて慎重に判断するようにしてください。

借入がある場合に過払い金請求をする時は過払い金で完済できるか確認をする

過払い金請求は、借入金を完済したときのみに行えると勘違いされがちですが、返済中でも過払い金請求が可能です。

さらに、過払い金が返還された場合、借入金の返済に充当することが可能です。

2つのケースに分けて説明していきます。

まず、一つ目のケースは、過払い金が借入金を上回っている場合です。

この場合は過払い金で借金を相殺することができるので借金完済となり、払いすぎていた利息が現金で戻ってくることもあります。

もちろん異動情報(ブラックリスト)として登録されることもないので、これまで通りクレジットカードを使用することができますし、新たにクレジットカードを作成することができます。

一番理想のかたちとも言えるでしょう。

二つ目のケースは、借入金が過払い金を上回っている場合です。

つまり、過払い金請求をしたものの戻ってきた過払い金が少なく借金が0にならなかったケースです。

この場合は過払い金請求ではなく、貸金業者に交渉し借金の減額をする、債務整理(任意整理)という手続きになります。

任意整理となる場合、異動情報として登録されてしまうためそれまで使用していたクレジットカードが自動解約され、新たなクレジットカードの作成ができなくなるなどのリスクがあります。

但し、異動情報に登録されその後の制約があるとはいえ、取り戻した過払い金を残りの借金返済に充てる事ができるので、借金の返済は楽になります。

異動情報が消えるまでの期間を把握しておく

過払い金請求をした場合に借入金が過払い金を上回っていると、任意整理という手続きに変わり、異動情報としてブラックリストに登録されてしまいます。

登録されると、それ以後クレジットカードの作成ができなかったり、新たにローンを組む事ができないなどの制約がありますが、一生そのままというわけではありません。

異動情報は、信用情報機関に登録されます。

日本国内には3つの信用情報機関があり、JICC(日本信用情報機構)、CIC、JBA(全国銀行協会)が個人の信用情報の収集・管理を行っています。

業界によってどの信用機関に登録しているかは異なり、例えばクレジットカード会社や消費者金融はJICCとCICに、銀行は3つ全てに登録していることが多いようです。

また、それぞれの機関で異動情報が消えるまでの期間は異なっており、JICCでは任意整理の通知をしてから5年間とされています。

CIC、JBAでは任意整理に関する記載はされていませんが、3ヶ月以上の遅延があれば完済から5年間は異動情報として登録されます。

このように違いがあるとはいえ、これらの3つの機関ではCRINというネットワークで交流しており、支払い能力に関する情報も共有されています。

但し、どの情報が交流の対象になっているかは公表されていないため真相はわかりません。

つまり全ての機関の信用情報からブラックが消えるまでは安心できないことになります。

よって、世間一般で言われている、任意整理をしてから5年間は異動情報として登録されている、と考えておくのが無難だと思います。

デビットカードなら作成できる可能性がある

過払い金請求をした際に、借入額が多く、結果的に借金が0にならなかった場合は任意整理という形で借入金の返済を続けていくことになります。

その場合、異動情報として信用情報機関に登録されるので、持っているクレジットカードは解約扱いとなり、任意整理から5年間は新たにクレジットカードを作成することができなくなってしまうため、手持ちのお金がない時やネットショッピングをする時などにとても不便でしょう。

しかし、デビットカードは異動情報が登録されていても持つことが可能です。

デビットカードとは、商品購入の際、即時自動的に預金口座からお金がリアルタイムで引落としされるカードです。

金融機関やクレジットカード会社は、カードの作成やローンの申し込みがあった場合、必ず信用情報機関の情報を確認し、返済能力の有無をチェックします。

逆に、デビットカードは実際に銀行口座に残っているお金しか利用できないため、返済能力が不要なのです。

つまり信用情報機関の情報を照合しないので、任意整理をした人でも簡単に作ることができます。

デビットカードなら加盟店が多く、海外でも利用可能なところがあり、公共料金の支払い等にも利用できるため、十分クレジットカードの代わりになりますし、銀行口座の内預金分のみの使用しかできないので使いすぎることもありません。

まとめ

過払い金請求をしたら、過払い金は戻ってくるかもしれないが何かとんでもないデメリットがあるのではないか、と不安に思っていた方もいるのではないでしょうか。

もちろん、過払い金請求をした場合、元々借りていたクレジットカード会社や金融業者から再度お金を借りたりクレジットカードを作成できなくなるというデメリットや、任意整理の際ブラックリストに登録されてしまうといったデメリットがあるかもしれません。

しかし、過払い金請求には期限があり、その権利は10年で消滅してしまいます。

完済している方はもちろん、返済中の方も、何らかのリスクがあるとはいえ返済額の軽減に繋がることは事実なので、一度自身の借入状況を整理し、プロに相談してみてはいかがでしょうか。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  •                            

    借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に8ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

過払い金の基礎知識