過払い金請求は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべき?専門家の選び方

過払い金請求は弁護士と司法書士のどちらに依頼すべき?専門家の選び方

過払い金とは貸金業者に払い過ぎていた利息のことで、これを返してもらうように請求することを過払い金請求と言います。

消費者金融などは以前、刑事罰を科せられないグレーゾーン金利によって利息制限法の上限以上の利息を取っていました。

これにより、長期間借金の返済をしている人の中には過払い金が発生している可能性があります。

自分で請求することも出来ますが手続きが複雑なため、専門家である弁護士や司法書士に依頼すると良いでしょう。

そこで今回は、弁護士と司法書士の違いや依頼する相手の選び方ついて紹介します。

今すぐ無料相談する!

弁護士と司法書士のどちらに依頼するべきか

弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士とはそもそもどのような人たちなのかと言うと、まず弁護士は事件やトラブルに対して法律に基づいてアドバイスしたり、代理人として事件やトラブルの相手側と交渉を行ったりする人のことです。

但し弁護士ごとに専門分野があり、その専門分野についての業務を行うのが一般的です。

過払い金請求などの債務整理では債権額に関わらず法律に基づいた相談を受けたり、業者と話してくれたり訴訟対応をしてくれます。

つまり、示談交渉をしたり裁判で代理人となってくれたりします。

過払い金請求では、弁護士はこの代理人業務がメインとなるでしょう。

それに対して司法書士は、会社や不動産の登記手続きをするのが主な業務です。

さらに、認定司法書士であれば訴訟1件当たりの債権額が140万円以下の場合に、法律に基づいて相談に乗ったり交渉や訴訟対応をしてくれます。

なお、司法書士が訴訟を行えるのは簡易裁判所のみとなっています。

以上のことから、弁護士と司法書士の大きな違いは債務整理の際の債権額にあります。

弁護士は債権額について制限が無いのに対して、司法書士は140万円以下という点がポイントです。

過払い金が140万円以上の場合は弁護士に依頼する

弁護士は訴訟1件当たりの債権額に制限が無いため、過払い金が140万円以上の場合は弁護士に依頼すると良いでしょう。

債権額が140万円以上あるのに司法書士に依頼してしまうと、途中で代理人を弁護士に変更するという手間が発生してしまうからです。

また、地方裁判所で訴訟となった場合に裁判に出られるのは債務者と代理人と貸金業者の代表取締役などとなっています。

そして、貸金業者は個別の訴訟で代表取締役が出るわけにはいかないので弁護士をたてることになりますが、弁護士費用がかさむのを避けるために早期に和解に応じる傾向があります。

つまり、早く過払い金が戻ってくる可能性があるということです。

債権額に制限が無いということは、過払い金を回収する時も制限を気にすることなく債務者が納得出来るような金額を回収するよう努めてくれます。

上限額を気にして回収額を調整するということがなければ、戻ってくるお金も目減りすることはありません。

過払い金請求を行っても借金が多くて過払い金だけでは残債が相殺出来ないような場合も、弁護士に依頼していると安心です。

残った借金は任意整理・自己破産・個人再生などを行って債務整理をすることになりますが、どの方法を選んでも弁護士は申立代理人になれるのでその後の対応まで任せられます。

140万円以下の場合は司法書士も検討する

過払い金請求をする場合、訴訟1件当たりの債権額が140万円以下ならば司法書士への依頼を検討すると良いでしょう。

債権額に制限が無いのであれば債権額が140万円以下でも弁護士に依頼すればよいと考えるかもしれませんが、全ての弁護士が過払い金請求に対応してくれるわけではありません。

刑事事件や会社の弁護を専門とする弁護士なども多いので、そのような弁護士に依頼してしまうと過払い金請求の対応をしたがらない場合があります。

また、そのような弁護士が依頼を受けてくれたとしても専門外であるため、訴訟対応が上手くいかなかったり戻ってくるお金が減ったりする可能性もあります。

そのため、債権額が140万円以下であれば認定司法書士に依頼すると良いでしょう。

認定司法書士に依頼をする場合は、過払い金請求をはじめとする債務整理が得意な人を選ぶのがポイントです。

司法書士事務所のホームページに今までの業務の実績を掲載している場合もあるので、そういった内容をチェックすると参考になります。

また、過払い金請求を依頼した時にスムーズに業務を進めてくる人がオススメです。

時間が経つほど借金の利息は増えていきますし、過払い金請求には10年という時効があるので、昔の借金に対して仕事が遅ければ時効が来てしまうかもしれません。

過払い金請求を司法書士に依頼するメリット・デメリット

メリット

過払い金請求を司法書士に依頼するメリットは、弁護士よりも司法書士に支払う報酬の方が安い場合が多いという点です。

借金返済に困っていて過払い金請求で何とか残債を減らしたい、借金返済は終わったけれども手元のお金が少ないために何とかしたいと思っている人にとって、費用が安く済むのは重要です。

また、司法書士などに過払い金請求を依頼すると貸金業者からの取り立てが止まります。

なぜなら、依頼を受けた司法書士が貸金業者に受任通知を送付しますが、それを受け取った業者は取り立てを行ってはいけないと貸金業法第21条第1項で定められているからです。

これには、返済中の借金も含まれます。

そして、業者が受任通知を受け取って以降の貸金業者との対応は全て司法書士が窓口となってくれます。

つまり、司法書士が間に入ってパイプ役となってくるということです。

つまりさらに、裁判に必要な書類作成や訴訟対応は専門家でなくてはなかなか難しいことなので、そういったことを司法書士にお願いすれば手間や精神的な負担が大幅に減ります。

つまり逆に司法書士などに依頼せずに自力で過払い金請求をしようとすると、業者側は債務者を素人だと足元を見てなかなか過払い金請求に応じてくれないといった可能性もあります。

デメリット

過払い金請求を司法書士に依頼するデメリットは、依頼をする際に費用が発生するということです。

書類を作成してもらったり、裁判に代理人として出廷してもらうので当然費用は掛かりますが、現在も借金がある人はその費用をネックにするかもしれません。

しかし、自力で過払い金請求をしようとしてもなかなか上手くいかなかったり、もしもお金が戻ってきても専門家に依頼した場合と比べるとその額は少なくなるかもしれません。

また、報酬は一定の条件をクリアした場合に支払う成果報酬の形式を採用している司法書士が多いので、過払い金で回収出来たお金が少なくて費用の方が上回ってしまったという可能性は少ないでしょう。

では具体的にどれくらいの費用が掛かるかというと、一般的に100万円の過払い金が戻ってきた場合の合計費用の相場は25万円前後となります。

費用の内訳は相談料が1時間当たり約1万円、着手金が1社当たり約4万円となります。なお、相談料や着手金については無料としている事務所も多くあります。

また、着手金が無料の場合は戻ってきた過払い金に対する成功報酬の割合が高くなるようです。

そして、成功報酬は返還額の20%前後のところが多いです。

これらのお金以外に、郵便代や通信費などを実費として請求される場合があります。

なお、これらの金額はあくまでも相場であり、実際の料金は司法書士事務所によって異なりますので依頼する際は料金をきちんと確認しましょう。

過払い金請求を弁護士に依頼するメリット・デメリット

メリット 全ての手続きを任せることができる

過払い金請求を行うためには、貸金業者から取引履歴を取り寄せ、いくら過払い金を支払っていたのかを計算する必要があります。

請求内容が確定後、貸金業者とのやり取りを行い、和解もしくは裁判手続きを踏んで過払い金返還請求となります。

また、場合によっては当時借入を行っていた貸金業者が吸収合併によって名称変更や運営会社自体が変わっている場合もあります。

これを個人レベルで調べるのは大変な労力がかかります。

また、裁判に関わる手続きは個人で行うことが難しく、時間もかかる作業です。

しかし、過払い金請求を弁護士に依頼するとこういった面倒な手続きをすべて弁護士が請け負ってくれます。

過払い金の調査からいくら取り戻せるのかといった計算、必要な書類の準備はもちろん貸金業者とのやり取りまで行ってくれます。

特に裁判となった場合も、交渉や訴訟といった手続きも継続してくれます。

メリット 取り戻せる過払い金が多くなる可能性がある

弁護士に依頼すると、過払い金の返還額が増額する可能性が高くなります。

特に過払い金請求に強い弁護士であればあるほど知識量も多く、貸金業者とのやり取りも慣れているため、業者の対応も丁寧なものになる傾向があります。

反対に個人で請求を行うと、本来受け取れるはずの過払い金よりも少なくなる可能性があるといえるでしょう。

過払い金請求を行うと貸金業者と交渉あるいは裁判を行います。

実は、交渉よりも裁判に勝つことでより多くの過払い金を取り戻せます。

つまり業者側からすると裁判に負けると不利益しかないということです。

そのため、通常であれば貸金業者は裁判になる前になるべく交渉によって和解したいと考え、その結果として和解金である過払い金に高い金額を提示します。

過払い金問題に強い弁護士であればあるほど、業者側は負ける可能性が高くなります。

よって、弁護士に依頼すると過払い金の返還額が増額する可能性があるといえます。

メリット 債務整理になった場合も継続して手続きを行なってもらえる

過払い金が返還される可能性のある過払い金請求ですが、場合によっては過払い金請求ではなく債務整理という形になることもあります。

それは、クレジットカードのショッピング枠での未払い金や借入金がある場合です。

この残金部分が過払い金の返還額より少額の時は過払い金請求です。

しかし、残金部分が返還額で相殺しきれない場合は、債務整理という手続きになります。

債務整理となるといわゆるブラックリストに登録される状態です。

もちろん、弁護士に依頼すれば正確な返還額も計算してくれますし、その中からなるべく多くの過払い金を取り戻そうとします。

それでもやはり相殺しきれない場合も出てきます。

ですが、弁護士に依頼するメリットの一つとして、債務整理も過払い金請求の相談の続きとして引き続き手続きを行ってくれるというものがあります。

再度専門家に相談し、調査や計算などが二度手間にならずに済むというわけです。

デメリット

過払い金請求を弁護士に依頼する大きなデメリットと言えばやはり費用がかかってしまうということでしょう。

弁護士費用というのは明確に示されているものではありません。

この弁護士費用ですが、着手金や報酬金、調査や資料作成にかかった実費など様々なものがあります。

着手金は過払い金請求が成功するのか否かに関わらず、仕事が始まる前に支払うお金です。

弁護士1000人へのアンケートでは、相場が貸金業者1件につき2万円から3万円程度であるとの回答が最も多いものでした。

報酬金は解決報酬金と過払い金報酬があります。

解決報酬金は、過払い金返還に成功した場合の報酬で業者1件につき2万円から3万円程度、過払い金報酬は実際に変換された額から手数料として和解であれば20%、訴訟であれば25%程度です。

もちろん、着手金無料で取り扱う弁護士もいます。報酬金も法律事務所によって異なります。

自分にあった専門家を選ぶのがポイント

過払い金請求を行う際に相談する専門家として思い浮かぶのは弁護士と司法書士ではないでしょうか。

では、このうちどちらに依頼するのがいいのかその選び方についてご紹介します。

まず、司法書士は過払い金が140万円以下の場合にしか相談や交渉、訴訟といったことはできません。

弁護士であれば、金額に関わらず相談から訴訟まで可能です。

また、司法書士によっては140万円以下の事件であっても裁判手続きを行ってくれない場合もあります。

司法書士は弁護士と違い、簡易裁判所でしか代理人として裁判に出廷することができません。

貸金業者が簡易裁判所で出された判決を不服として控訴した場合、地方裁判所での裁判となります。

その際には司法書士が代理出廷することができないのです。

司法書士に頼むメリットは弁護士に依頼するよりも費用が安くなる傾向があることです。

大手に属する司法書士は相談料や着手金が無料で成功報酬のみという場合が多くなり、結果として手元に残る金額が多くなることもあります。

そのため、過払い金請求を専門家に依頼する際は、自身の過払い金が140万円以上か以下なのかを把握し、初期費用や成功報酬を考えて選ぶことが大切でしょう。

無料相談を活用して見極めるのも1つの手段

近年では、弁護士であっても司法書士であっても相談料が無料というところも少なくはありません。

特に司法書士事務所では初期の相談から過払い金額の調査報告までが無料のところも多いです。

そのため、まずは無料相談を行ってみるとよいのではないでしょうか。

個人で貸金業者との取引履歴を取り寄せ、過払い金がいくらであったのかということを計算するのは手間もかかりますし、計算が間違っているかもしれません。

そのため、無料で過払い金の計算を行ってくれるところを探し、無料相談するというのも1つの手です。

無料相談は1か所だけと決まっているわけではありません。

何か所かに無料相談を行い、できればその後の成功報酬を含めた報酬金額の見積もりを出してもらうとよいでしょう。

また、専門家との相性などもありますので、すぐに決定するのではなく自分にあった専門家に依頼するのが一番よいのではないでしょうか。

過払い金請求を行うにあたって個人で行うのか、専門家に依頼するのか、専門家であれば弁護士と司法書士どちらがいいのかという選び方の一手段として無料相談を利用するというのもよいですね。

まとめ

過払い金請求は個人で行うこともできますが、返還額や手間などに大きな違いが出てきます。

専門家であれば、主な相談先は弁護士か司法書士でしょう。

この2つの専門家には大きな違いがあります。

弁護士は過払い金がいくらであっても依頼できますが、報酬金などが高額になる傾向があります。

司法書士は弁護士に比べると安く依頼できる傾向にはありますが、過払い金が140万円以下の事件でないと請け負えない、裁判になった際に控訴されてしまうと次の裁判からは依頼人本人が出廷しなくてはならないという特徴があります。

どちらの専門家も無料相談を行っている場合が多いですので、この無料相談を専門家の選び方の一手段として利用するのも1つの手でしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  •                            

    借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に8ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

過払い金の基礎知識