過払い金請求を司法書士に依頼するメリット・デメリット、費用とは

過払い金請求を司法書士に依頼するメリット・デメリット、費用とは

借金の返済に長く悩んでいる人、あるいはかつて借金を返済したことがある人にとって、過払い金請求というものが、話題になっています。

過払い金請求には、様々なメリットがあるとよく聞くのですが、具体的に過払い金がどのようなもので、自分に過払い金があるのかどうか調べる方法もわからないという人も多くいるでしょう。

また、実際に過払い金請求をするとなると司法書士や弁護士に依頼するとなると、どれほどの費用がかかるのかといった不安もあります。

過払い金請求について紹介するので参考にしてください。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求を司法書士に依頼するメリット

業者からの取り立てを止めることができる

「過払い金請求を行うことのメリットは、もちろん借金返済時に払いすぎたお金を手元に戻すことができるということが第一です。

「それだけならば個人で過払い金請求を行えばよいのではないかと思われるでしょう。

「しかし、実際には過払い金請求は個人でなく司法書士などの専門家に依頼することがベストです。

「過払い金請求を司法書士などの専門家に依頼すると、金融業者に対して「受任通知」を送ってくれます。

「受任通知は、過払い金請求の依頼を受けたことを示すものですが、それ以上の効果があります。

「それが、債務者への取り立てや督促を停止、返済も一時的に中止させることができるというものです。

「個人で過払い金請求を行ったとしても、取り立てをやめることはできないので、この受任通知が送られることがメリットとなります。

「取り立てや督促が停止されれば、過剰な取り立てに悩まされることもなくなり、精神的な余裕が生まれるでしょう。

個人で請求する時よりも多くの過払い金を取り戻すことができる

過払い金請求は、個人で行うことも可能ですが、取り返すことができる過払い金の金額は、はるかに低くなる可能性が高いです。

司法書士などの専門家へと請求を依頼することの、メリットのひとつとしては、返還される過払い金の金額が最大限になるということがあげられます。

過払い金は請求した金額が全額返還されるのではなく、業者側と交渉をして返金額がきめられます。

そして、過払い金請求を受ける金融業者は、何件もの過払い金請求を受けるため、交渉の専門家をたてます。

素人が個人で請求を行ったとしても、請求した金額全額を交渉によって返還を求めることができるとは言い切れないでしょう。

その点、司法書士などの専門家は、交渉のプロなので、より多くの過払い金を取り戻すことが可能です。

手続きを任せることができる

過払い金請求は、まず過払い金がいくらあるのかを調べ、そのうえで様々な書類を作成してから、金融業者へと過払い金請求をしなければなりません。

この手続きをすべて自分で行うとなると、専門的な知識も必要なうえに、手間と時間がかかります。

業者は数多くの過払い金請求を受けている可能性があり、悠長に行っていると過払い金請求を終わらせる前に、業者が破綻する可能性があり、こうなると戻ってくることはありません。

司法書士などの専門家に依頼するメリットは、これらの煩雑で手間と時間がかかる手続きを任せることができるという点です。

専門家に依頼すれば、瑕疵のない手続きを迅速に行うことができるので、自分で請求するよりも速やかに、無駄なく請求できます。

家族にバレずに手続きができる

人によっては借金がある(あった)こと、そして過払い金請求をしようと考えていることを、家族をはじめとした周囲の人々に知られたくないと考えている人もいるでしょう。

しかし、自分で過払い金請求の手続きを行うとなると、金融業者との交渉をはじめとしたすべての手続きを自分で行わなければならないので、業者からの連絡などで場合によっては家族や周囲の人々にバレてしまう可能性が否めません。

<司法書士をはじめとした専門家に依頼すれば、金融業者との交渉や手続きは、すべて代行して行ってくれるので、家族にバレる心配はありません。

この点が、司法書士に依頼して過払い金請求を解決するメリットです。

弁護士と司法書士の違いは?

司法書士は一部制限がある

過払い金請求を行うことができる専門家は、司法書士だけではありません。

弁護士も過払い金請求をすることが可能です。では、司法書士と弁護士と、両者にはどのような違いがあるのか気になるところでしょう。

そもそも司法書士とは、不動産や会社などの登記を行う専門家で、弁護士とは、身近に起きたトラブルに関しての法的なアドバイスをしたり、代理人として解決に当たったりしてくれる専門家です。

このように仕事内容に違いがあり、過払い金請求に関しては、弁護士が専門家とも言えます。

司法書士が過払い金請求に関与できるようになったのは、2003年以降であり、その請求に関しても弁護士に比べて一部制限があります。

140万円以下であれば司法書士も検討する方が良い

弁護士と司法書士の過払い金請求に関する違いは、簡単に言うと個別の債権額(借金の金額や過払い金の請求金額)がいくらかに大きくかかわっています。

弁護士が過払い金請求をする場合、特別債権額に関して制限はありません。

これに対して、司法書士は個別の債権額が140万円以下の場合にしか、過払い金請求を代行することはできません。

140万円以下でなければ、法律相談も交渉も訴訟もすることはできないことになっています。

ただし、弁護士よりも司法書士に依頼するほうが、かかる費用は低い可能性が高いです。

一般的な費用相場を見れば、司法書士のほうが安く済む可能性が高いので、過払い金額が140万円以下の相談ならば、司法書士に依頼することを検討するほうがよいでしょう。

司法書士に依頼した時の費用

相談料

過払い金請求で最初に必要となる費用が、司法書士への相談料です。

1時間あたり3千円~1万円が相場ですが、最近では相談料を無料にして気軽に相談できる体制を整える司法書士も増えています。

司法書士が取扱うことができる過払い金請求は、1社あたりの借入額が140万円以内のものに限定されていて、その確認には専門的知識が伴わないことも無料化の理由の一つと考えられます。

なお、過払い金返還請求を受任できる司法書士は、法務大臣から簡裁訴訟代理等関係業務の認定を受けた司法書士(認定司法書士)に限られるので、相談する際は必ず確認しましょう。

着手金

過払い金請求にあたっては、利息制限法に基づく利息の再計算(引き直し計算)や債権者との連絡交渉など様々な事務処理が伴います。

着手金には事務処理の費用を前払いするという意味合いがあるため、請求が成功しなかった場合でも返金されません。

1社あたりの着手金は1万円~10万円程度と司法書士ごとにまちまちで、平均3~4万円前後となっています(日本司法書士連合会2018年報酬アンケート)。

弁護士に依頼する際の着手金と似たような金額ですが、依頼時の負担を軽減する考えから着手金を無料とする司法書士も多いのが実態です。

成功報酬(解決報酬)

過払い金を取り戻した後は、司法書士に成功報酬を支払うことになります。

成功報酬は、1社ごとにかかる解決報酬(基本成功報酬)と、取り戻せた金額に応じてかかる過払い金報酬(歩合成功報酬)の2つに分かれていますが、中には解決報酬を取らない司法書士もいます。

解決報酬は1社あたり1万円~5万円が目安ですが、取り戻せた金額が少ない場合でも必要な費用なので、場合によっては過払い金を取り戻せても手元にお金が残らないことも考えられます。

どのくらいのお金が戻ってくる見込みか、過払い金請求前に確認しておくことが大切です。

過払い金報酬

過払い金報酬は取り戻せた金額の10%~25%が相場で、平均は17%前後です。

例えば20万円を取り戻せた場合では、3万円~5万円程度を司法書士へ支払う費用となります。

金融業者との交渉で解決した場合(裁判外の和解)と、簡易裁判所での過払い金請求訴訟に至った場合とでは請求の難易度が異なりますが、報酬額に大きな差は見られません。

過払い金報酬の上限は「債務整理事件における報酬に関する指針」により定められていて、和解で解決した場合は20%、裁判で解決した場合は25%がそれぞれ報酬の上限として定められています。

減額報酬

借金を返済しながら過払い金請求を行う場合、取引期間や交渉結果によっては元本が減ることも考えられます。中には、元本がゼロ円となる人もいるようです。

借金の額が減った場合、司法書士によっては過払い金請求の成功報酬とは別に減額報酬を請求されることがあります。

借金元本の減額交渉は、任意整理の一環であると考えられるからです。

報酬額は減額分の5%~10%が目安で、例えば100万円の元本を30万円まで減らすことができた場合は減額分は70万円なので、司法書士へ支払う費用は3万5千円~7万円程度です。

減額報酬は、最大10%が上限となります。

実費

司法書士に過払い金請求を行う場合、着手金や報酬とは別に実費を請求される場合があります。

金融業者との交渉で解決する場合には書類の郵送料程度で済むことから、数社あわせた請求でも数千円程度の実費で済むでしょう。

一方、訴訟となった場合は裁判所に印紙代や切手代を納める必要があるため、1社あたり最大2万円近い実費が必要となります。

印紙代は訴訟手続き費用として、請求額10万円あたり1千円の割合で必要です。

切手代は、金融業者(債権者)へ裁判書類を送るため必要で、特別送達郵便を用いることから1社あたり6~7千円かかります。

司法書士が遠くの裁判所に出向く場合は、交通費・宿泊費が請求される場合もあります。

その他

司法書士によっては、事務所手数料や振込代行手数料などのオプション費用を請求されるケースもあります。

中には、報酬とは別に数万円程度の費用が請求されるケースもあるようです。

事務所手数料は過払い金請求全体の対価として着手金や報酬に含まれるという考え方が一般的ですし、司法書士経由で金融業者からの過払い金を振込んでもらう場合も、振込手数料は数百円程度です。

オプション費用を請求された場合は、実費に該当するかどうか確認することをおすすめします。

なお、過払い金請求にあたって依頼者から収受できる定額報酬は1社あたり最大5万円と決められています。

司法書士事務所選びのポイント

無料相談を活用する

司法書士に過払い金請求を相談するといっても、どのような司法書士に相談すればよいのか迷うところでしょう。

司法書士事務所は、身近に数多く存在しており、その中でどの司法書士事務所を選ぶべきかは、無料相談を活用して決めることが勧められます。

司法書士事務所の多くは、初回の相談は無料で行われていることが多いです。

その相談の際に、抱える悩みに対して、どのような解決策があるのかを大まかに説明してくれます。

この無料相談の際に、担当する司法書士との相性が良いのか、信頼できる司法書士なのかを判断することが必要です。

おざなりな対応であったり、いつも忙しそうにしているようでは、親身な対応は期待できないかもしれません。

実績があるか確認をする

司法書士事務所を選ぶ際のポイントは、その司法書士事務所にどのような実績があるのかを確認するということです。

司法書士は、先ほども述べたように、過払い金請求に関する交渉や相談、訴訟を専門的に行う人々ではありません。

過払い金請求を行うこともありますが、基本的には登記などを専門的に行っているので、場合によっては過払い金請求を一度も行ったことがない司法書士事務所もあります。

そのような事務所に過払い金請求を依頼したところで、満足のいく結果が得られるとは限りません。

司法書士事務所に過払い金請求を依頼するのならば、どのような実績があるのかをホームページなどで確認してから依頼することが勧められます。

過払い金請求の実績が豊富な司法書士事務所を選んで依頼することが失敗しないためのポイントです。

費用の説明をちゃんと行ってくれるか

司法書士の報酬は自由に決めてよいこととされていますが、過払い金請求に関しては債務者(依頼者)の利益を保護する観点から、「債務整理事件における報酬に関する指針」によって報酬額の種類や上限が定められています。

多くの司法書士事務所ではこの指針に沿って、着手金の有無や成功報酬の割合を依頼者に明示していますが、明確な費用説明を行わない事務所が存在するのも事実です。

特に、過払い金報酬(歩合成功報酬)は返還額により報酬額が変動するため、返還見込額の試算も費用を知るためには大切となってきます。

過払い金請求を依頼する司法書士事務所を選ぶ際は、必要な費用についてわかりやすく説明してくれるかどうかをチェックしましょう。

過去に問題を起こしていないか確認する

司法書士が行うことになっている依頼者との面談を事務員が代行した結果、過払い金請求訴訟を起こせることを知らずに和解を余儀なくされたというトラブル事例が過去に報道されています。

また、案件処理の効率を重視する余り、依頼者へのインタビューや取引履歴の精査が不十分のまま金融業者と交渉を進めるというケースも見受けられます。

いずれも、過払い金の返還額が本来の金額よりも少なくなるという不利益が生じています。

司法書士事務所を選ぶ際は、ネット上の口コミ情報や日本司法書士会連合会HPの綱紀事案公表一覧を確認するなどして、過去に問題を起こした事務所でないかどうか確かめることが大切です。

まとめ

司法書士に過払い金請求を依頼する場合、1社あたりの借入額が140万円以内という制限はありますが、手続き費用が安上がりになることがメリットです。

日本司法書士会連合会によって報酬金額の種類や上限が定められていることから、弁護士へ依頼するより費用体系がわかりやすいという一面もあります。

最近では相談料・着手金を無料とする事務所も増えていて、気軽に相談できる点も見逃せません。

司法書士に過払い金請求を依頼すると、利息の再計算や債権者との交渉など自分では困難な対応をすべて任せて、スムーズに手続きを進めることができます。

最終取引日から10年という時効があるため、過払い金請求を検討している人は早めに司法書士への相談をおすすめします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  •                            

    借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に8ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

過払い金の基礎知識