クレジットカードの過払い金請求できる場合とできない場合

クレジットカードの過払い金請求できる場合とできない場合

テレビで過払い金請求についてのコマーシャルが流れているのを見かけたことありませんか?

消費者金融の話が多いので、過払い金請求は消費者金融のカードローンにしか発生しないと考えている人も多いかもしれませんが、実はクレジットカードでも過払い金請求が発生する場合があります。

リボ払いで払っていたとしても同様に発生する場合があります。

ただし、過払い金請求ができない場合も存在します。

この記事ではクレジットカードの過払い金請求について説明します。

今すぐ無料相談する!

クレジットカードを利用していた場合も過払い請求はできる

クレジットカードの利用でも過払い金請求は発生します。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠の2つの利用枠がありますが、ショッピング枠では過払い金は発生しません。

何故かというと、クレジットカードのショッピング枠で買い物をして、クレジットカード会社から払われたお金は立替え払いの扱いになり、法的には「借金」ではなく「立替金」になるからです。

過払い金請求は「不当に高い金利で借金の返済を行ったので、払いすぎた分を返してください」という請求です。

したがって、ショッピング枠では過払い金請求はできません。

これに対して、キャッシング枠で借りたお金は「借金」です。

つまり、クレジットカードで発生する過払い金請求はキャッシング枠で借りたお金の返済に対するものになります。

詳細はあとで説明しますが、2007年以前にキャッシング枠でお金を借りて返済した人は、過払い金請求をできる可能性があります。

過去のデータを入手して、自分が該当するかを確認しましょう。

また、過払い金請求は自分でもできますが、クレジットカード会社は過払い金請求に対してできるだけ支払いを少なくしたいので、色々と交渉をしてきます。

相手は同じ交渉を数多くしているので、過払い金請求に対する知識と取り戻すための強い意志を持っていないと、示談などで実際より低い金額に応じてしまうことになります。

できれば、過払い金請求に強い弁護士に相談して交渉をまかせた方が、報酬を払っても取り戻せる額が多くなる可能性があります。

また、自分が該当するかどうかも教えてくれるので、まず無料相談などで相談しましょう。

クレジットカードの過払い金請求ができるケース

キャッシングで利用していた場合は過払い金が発生している可能性がある

クレジットカードのキャッシング枠での借金には過払い金が発生している可能性があります。

消費者金融などと同様にクレジットカード会社の中にもキャッシング枠にグレーゾーン金利を適用した会社があるからです。

グレーゾーン金利について簡単に説明すると、借金に対する利息の上限は、利息制限法と出資法という2つの法律で定められています。

ところが、2010年6月18日に施行された貸金業法及び出資法の改正まで、利息制限法で定められた上限金利が最大で年20%なのに対して、出資法で定められた上限金利は最大で年29.2%と異なっており、多くの金融会社は利息制限法の上限を越えて出資法の上限は越えない値で金利を設定したのです。

これをグレーゾーン金利といいますが、利息制限法の上限金利を越えているのに違法とされなかったのは、貸金業法に、「登録を受けた貸金業者が書面を交わして契約した貸し付けに関しては、利息制限法に定める上限金利を越えていても有効な利息の債務の弁済とみなす」という規定があったためです。

しかし、2006年01月13日に最高裁で利息の制限額を越えて支払った分については適用要件を欠いているとの判決が出たため、これ以降金融会社は利息上限法を越えない金利に設定を変更しました。

そしてそれ以前の返済の過払い金に対して請求された場合、返還を行うようになったのです。

したがって、キャッシング枠にグレーゾーン金利を設定していたクレジットカード会社に対しては過払い金請求ができる可能性があります。

キャッシングをリボ払いで返済していた場合は過払金請求ができる

クレジットカードのキャッシング枠での借金返済に対しては過払い金請求ができると述べました。

リボ払いで払っていた場合はどうなるのでしょうか。

リボ払いは個々の借金ではなく、借金全体に対して月々一定金額を返済する方式です。

一定の金額の返済なので、無理をせずに返済することができる反面、返済している意識があるので借り入れ額が増えやすく、増えた分返済期間が伸びていくため、支払う利子負担が増えるという欠点があります。

個々の契約が存在しないので、過払い金請求をできないのではないかと心配する人もいるでしょうが、リボ払いも過払い金請求の対象になります。

要するに借金返済の際に、利息制限法の上限を超えた利息が取られていることが問題なので、支払い方法は関係ありません。

むしろ、リボ払いの場合、借り入れ額が増えやすく、利子負担が大きくなる傾向があるので、より多くの過払い金が発生している可能性があります。

したがって、リボ払いをしていたカード会社が後述する条件に当てはまるかどうかを確認して、当てはまっていた場合は、過払い金請求の手続きをしましょう。

2007年以前に借入をしていた場合は過払い金発生している可能性がある

クレジットカードの過払い金請求は、前述したグレーゾーン金利が適用されていた借金の返済に対するものなので、2007年以前の借り入れに対して発生します。

2007年以降は各金融会社が自主規制の形で上限金利を利息制限法の上限である20%以下に設定したので、過払い金は発生しません。

2007年以前の支払いに対しては過払い金が発生している可能性があるので確認する必要があります。

ここで、過払い金請求に関する注意事項を3つ述べておきます。

1つ目は過払い金請求の期限です。

過払い金には時効があり最後に返済した日から10年と定められています。

リボ払いで支払いが続いている場合や完済した日が現時点(2019年1月)より10年以内なら過払い金請求ができます。

完済日が2008年12月以前だと過払い金請求はできません。

2つ目はそのカードのショッピング枠で返済していないものがある場合です。

過払い金請求を行うと、まずショッピング枠の返済に充てられます。

ここで完済できれば問題ありませんが、残高がある場合、信用事故として信用機関の情報に残ります(いわゆるブラックリストに載る状態)。

完済してから過払い金請求するか、請求した金額で完済できることを確認しておきましょう。

3つ目はカードの取扱が停止になるので、そのカードで自動引き落としにしていたものは引き落とし不可になります。

同じ会社の違うカードも全て取扱停止になるので、全てのカードの支払いについて調べて、必要があれば引き落としを変更してください。

過払い金が発生している可能性のある主な賃金業者

過払い金請求が発生する可能性のある主なクレジットカード会社や信販会社は、エポスカード(旧ゼロファーストも含みます)、クレディセゾン、アプラス、ニッセン・クレジットサービス、イオンクレジットサービス、三菱UFJニコス(旧ニコスマイベスト、旧nicosカード、旧ディーシーカードを含みます)、オリコ(旧オリコアメニティカード、Uptyを含みます)、セディナ(OMCカード、旧セントラルファイナンスカード、旧クオークカードを含みます)、ライフカード、JCBです。

2007年以降、合併して名前が変わった会社があるので、それについても記載しています。

これらの会社は2007年以降は正しい金利を適用していますが、吸収合併した会社や現在の存続会社は、2007年以前はグレーゾーン金利を適用していました。

したがって、<上記の会社で2007年以前にキャッシング枠を利用してお金を借りて返済していた場合、リボ払いも含めて過払い金請求ができる可能性があります。

過去の利用状況を調べて、過払い金請求に強い弁護士に相談しましょう。

また、他にも2007年以前に存在したクレジットカード会社ならグレーゾーン金利を適用していた可能性があります。

2007年以前に自分の持っていたクレジットカード会社名が上記になくても、キャッシング枠の返済を行ったカードがあるなら過払い金請求の対象になる可能性があるので、弁護士に相談してください。

クレジットカードの過払い金請求ができないケース

ショッピングで利用していた場合

クレジットカードを利用していた方も、過払い金請求ができるケースがあります。

ただしキャッシングのみが対象となり、ショッピングで利用していた場合は対象外となります。

分割・リボ払いでショッピングをして、多額の利息を支払ってきたとしても過払い金請求はできないのです。

またショッピングは一括払い・2回払い、ボーナス一括払いを選択していた場合、そもそも利息自体が発生しません。

過払い金請求ができるのはキャッシング枠を利用していた場合に限定されます。

ただし借入利率によってはできない場合があります。

利息制限法で認められる利率は10万円未満の取引だと20.0%、10万円~100万円未満だと18.0%、100万円以上だと15.0%となり、これを超過している場合がグレーゾーンとなり過払い金請求の対象となります。

一般的に過払い金請求をされる方は、20.0%を大きく超える利率で借りていたケースが多いです。

ショッピングは「借金」ではなく「立替金」なので請求できない

ショッピングの分割・リボ払いには利息が発生しますが、利息の大小にはかかわらず過払い金請求はできません。

その理由は借金ではなく立替金に該当するためで、店舗で購入した商品代金をカード会社が一時的に立て替えするという内訳になっています。

借金には該当しないため分割・リボの利率が高くても、過払い金が発生することはないわけです。

クレジットカード付帯のキャッシング枠に関しては、すべてローンに分類されています。

カードローンと同様の性質があり、日数単位で利息が加算されるのが特徴です。

キャッシングを利用していても過払い金請求ができない場合としては、利息制限法の範囲内で借りていたケースがあります。

過払い金は無条件で発生するものではなく、利息制限法の上限利率を超えて支払っていた分のみが返還請求の対象となるのです。

キャッシング枠を利用していた方は、過去の利用履歴を見てグレーゾーン金利で借入していたかチェックしてみましょう。

2008年以降はキャッシングしていても過払い金が発生しない可能性が高い

クレジットカードでキャッシングをしていた方でも、過払い金請求ができない場合があります。

グレーゾーン金利で借入していた実績がある方は返還請求の対象になりますが、貸金業法が改正された2008年以降は利息制限法の範囲内での利率になっているはずです。

適法金利で借入している場合は過払い金は1円も戻ってきませんので、2008年より前から借りていたかどうかが請求する上での大きなポイントとなります。

利息制限法の上限は20.0%のため、過去にこれより高い金利で借りていた場合は回収できる可能性大です。

過払い金発生の有無を確かめるためには、キャッシングを利用していた時期、借入していた利率を調べるのが一番です。

貸金業法改正後はグレーゾーンは違法金利となったため、20.0%超で融資している金融機関は存在しません。

ほとんどのキャッシングは上限利率を18.0%以下に設定しているはずです。

現在において違法金利で融資している業者があるとすれば悪徳業者だけです。

カード会社が倒産している場合は過払い請求が難しい

過払い金請求は1日も早く実行するべきだと言われていますが、この理由として金融機関・カード会社の倒産リスクがあります。

過払い金請求をしたい対象カードを発行するカード会社が倒産してしまうと、回収手続きができない場合が多いです。

倒産した会社は資金に余力がなく、過払い金請求をしたけど数%しか戻ってこなかった、などの話が聞かれます。

貸金業法改正後は多くの消費者金融が倒産しましたが、それは債務者が債権者に対して過払い金請求を始めたからです。

クレジットカード会社の場合はショッピングが主力商品であり、この場合は立替金の扱いになるので過払い金の対象にはなりません。

ただキャッシングを提供しているカード会社の場合は債務者から過払い金請求を受けるので、運営が厳しくなって倒産する可能性はあります。

過払い金を回収するためには、今すぐに手続きを開始することが大切です。

クレジットカードの過払い金請求するデメリット

過払い金請求したクレジットカードは解約される

クレジットカードのキャッシング枠からグレーゾーン金利で借りていた場合は、過払い金請求ができる権利が生まれます。

20.0%を超える金利で借りていた場合、確実に過払い金が発生していると考えてよいでしょう。

ただし過払い金請求すると対象のクレジットカードは解約扱いとなります。

過払い金請求は正当なる権利ですが、カード会社側としては過払い金請求をされることを極度に嫌います。

そのため現在利用中のクレジットカードは今後一切利用できなくなると考えてください。

クレジットカードが必要な場合は、まったく別のカード会社のカードに申込する必要があります。

このとき注意したいのは過払い金請求をしたカード会社と関連性がないか調べておくことです。

初めて契約をするカード会社であっても、過払い金請求をした会社の関連会社の場合は審査で落とされてしまう可能性が大きいです。

借入が残っている場合の過払い金請求で完済できない場合はブラックリストに載ってしまう

払いすぎた利息を取り戻すことは当然の権利ですから、弁護士や司法書士を通して過払い金請求をしてください。

過払い金は借金には該当せず、本来支払うべき必要のなかったお金です。

そのためクレジットカードのキャッシング枠に対して過払い金請求をしても、原則としてブラックリストには載りません。

ただし過払い金請求をしてもローン残額をゼロにできない場合はブラックになるので注意してください。

よくあるのは過払い金請求をしても借金が残り、そのまま任意整理や個人再生に移行する場合です。

債務整理をすれば5~10年間はブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストへの登録を避けるためには、過払い金請求後に借入が残っている場合は一括返済をすることです。

例えば100万円の借金に対して過払い金請求をして70万円回収できた場合、残額の30万円を貯金で支払ってしまえばブラックにはなりません。

なお完済したローンに関しては、過払い金請求をしてもブラックリストに載ることはないです。

まとめ

クレジットカードを利用していた方は、一定の条件を満たすと過払い金請求ができます。

それはキャッシングを利用していた場合であり、逆にできない場合はショッピングのみを利用していたときになります。

ショッピングが対象にならないのは立替金に該当するためです。

これに対してキャッシングは借金に該当します。

クレジットカードで過払い金請求をする上での注意点は、対象カードの利用ができなくなることです。

カードは解約されますので、クレジットカードが必要な場合は別のカード会社に申込する必要があります。

また借入残高がある状態で過払い金請求をし、残額をすべて相殺できない場合はブラックリストに載ります。

ただし残額を一括返済すればブラックリストへの登録を避けることが可能です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金返還金額 月5億円
  • 過払い金返還金額が月5億円という圧倒的な過払い金請求の実績があります。過払い金返還の金額は、週刊ダイヤモンド誌にて日本一で紹介されています。事務所は全国に8事務所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、該当地域以外では出張相談を利用できます。

    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 借金問題をズバッと解決する、債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・高知・愛媛(松山)・岡山・広島・熊本と全国に7ヶ所あります。過払い金返還累積90憶円以上の実績ある事務所です。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90憶円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に7ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 費用は成功報酬制
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。状況に合わせた手続きを提案してくれます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。借金がどれくらい減額されるのかを無料診断。過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.5
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は費用においては、分割払いにしっかり対応しています。安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応なので、平日時間がとれない場合も安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

           

過払い金の基礎知識